6月から7月にかけて、梅やららっきょうやら、保存食シーズンの到来が。
特にこの時期、どんなにいそがしくても、つやつやとした杏をみると”ああ、作るか。。”と
後先考えずに手に取ってしまいます。
私だけかもしれませんが、作ったことに満足して、なかなか手をつけないことも。
そんな歴史ある瓶づめが家の奥にあったりするのに。。
だけどこの時期がくると、作らずにいられないのです。。悲しい性だわ。。

そして出来あがりは瓶に詰めてから、待つこと約1カ月。
その間、シロップにだんだんと馴染む杏ちゃん(笑)。
シロップはまたもや色は悪くなるけれど自分に言い分け”体にいい砂糖”。
炭酸で割ったり、アイスにかけたり。
生でいただくより、格段にフルーティー。
いつごろ開けてみようか。。。楽しく迷う毎日です。


作り方をざっくり。
1.5キロの杏を半分に切って種取り、さっとゆでてザルに上げる。
500グラムのきび砂糖に500グラムの水(つまり1:1)を合わせて煮溶かす。
瓶にきっちり杏を詰めて熱いシロップを注ぐ。
水のはいった鍋に並べて5分瓶ごと煮る。
しっかり口を締めて逆さにし、冷めるまで置く。
d0227655_1737081.jpg

左は完熟梅のジャム。作り方は次回。。。
# by hatsue-shige | 2011-07-18 17:38 | 近況 | Comments(6)
”3分クッキング”テキスト8月号”コトコト煮込まない!夏のおいしさ!  スパイシースープ”を
担当しましたー、暑いこの時期にささっと作れるスープがいっぱいです!
関係ないけどカメラマン、スタイリストともに私の家から10分圏内!
ささっと撮影しました(嘘、きちんと撮影してます)!
ぜひご覧ください。

怒涛の掲載ラッシュはここまで。
素敵な情報でもとおもいつつ、ものぐさなので気長に待っててくださいませ。
# by hatsue-shige | 2011-07-17 09:55 | 雑誌
オレンジページ8月2日号、”カンタン 保存食レシピ”担当しております。
これ、連載なんですよお、末永くよろしくお願いいたします。
このあとも続々長持ちおかず、作っていきますよー。

むかしからお世話になっているカメラマンのアシスタントから独立された柿崎さんと初めての連載。
早くも売れっ子!がんばっていた姿を何年も見てきたので、なんだかこちらまで嬉しくなっちゃいます。
ぜひご覧ください!
# by hatsue-shige | 2011-07-16 11:53 | 雑誌
「きょうの料理」8月号、テキスト特別企画”ホームベーカリーで安心、おいしい、手づくりパン”
あのパン界の巨匠、藤森二郎先生と恐れ多くも担当させていただきました。
ああ。。今年のゴールデンウイークの粉まみれの日々が蘇ります。。。
またひと回り大きくなった気がいたします(笑)。
特におすすめはご飯入りパン、ぜひご覧ください。
# by hatsue-shige | 2011-07-15 12:09 | 雑誌
暑い日が続いておりますが、みなさまお元気でしょうか?
この時期、自家製の”赤しそのジュース”作られる方も多いと思います。
うちの撮影もいま、まず到着するスタッフにお聞きするのは
”冷たいお茶、しそジュース、あたたかいコーヒーのどれがいいですか?”

うちのジュース、普通より塩がけっこう入ってます。
塩飴がこの猛暑で売れているそうですが、同じような効果を狙って。
すこし梅干しを思いおこさせるような味に仕上げています。
一口のむとびっくりされる方もいますが、けっこう癖になるようで(笑)。
”お砂糖も少ないみたいで、さっぱりしてますねー”と言われますが、なんのなんの、
しっかり砂糖、はいってますからー!!
せめて体に良いものをと、きび砂糖など使ってます。
よろしかったらぜひ作ってみてください。

作りやすい分量
赤シソ           一袋(400グラム葉のみ300グラム)
塩             大さじ2
水             1.5リットル
A(酢 500cc 塩小さじ1 きび砂糖、または三温糖250グラム)

1.赤しそは葉をむしって良く洗い、塩をふってしんなりし、色水のような汁がでるまでもむ。
2.水洗いして水を入れた鍋に入れ、約10分煮て濾す。
3.濾した汁とAを再び鍋に戻し入れて火にかけ、煮立ったら火を止める。

清潔な瓶にいれて冷蔵庫でひと夏もちます。しっかり脱気すれば常温で1年以上はOK.
d0227655_16274132.jpg

炭酸水と1:1で割って、あとはお好み次第。
# by hatsue-shige | 2011-07-14 16:31 | 近況